ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第6節 カーディフVSマンチェスターシティ レビュー

カーディフ0-5マンチェスターシティ

得点 32分 アグエロ(シウバ)

   35分 シウバ(サネ)

   44分 ギュンドアンスターリング)

   67分 マフレズ(ギュンドアン

   89分 マフレズ

 

支配率78.5%、パス成功率91%、枠内シュート10本、被シュート2本。

素晴らしい内容で夢のスコアです。

CLでリヨンに負けてしまいましたが、プレミアでは格が違います。

今節はシルバとジェズスが出番なしで、マフレズが2ゴール。

フォーデンを出場させ、更にはストーンズフェルナンジーニョに代えて投入。

選択肢が多いなと感じます。

もちろんここにデブライネが戻ってくる訳で、攻守ともに安定すること間違いなしです。

一方のカーディフは未勝利かつ3連敗で、3連敗中の失点が12ですが、相手がアーセナルチェルシー、シティですし、切り替えていくしかないです。

セットプレーには可能性を感じますので、そのチャンスを作り出すことと、数的優位になった2試合でもパスを回せていないので、繋ぐ時は繋ぐべきだと思います。

防戦一方の展開で守り切れるほどの守備力はないので、65%程度のパス成功率では得点チャンスはないどころか、大量失点してしまいます。

降格候補の現状から抜け出すために何をするのか見ものです。

 

カーディフはバーンリー(H)、トッテナム(A)と続きます。

バーンリーは復調してきていますし、スパーズも怪我人の復帰などもあり復調傾向ですので、厳しい連戦です。

シティはミッドウィークにリーグカップのオックスフォード(A)、ブライトン(H)、ホッフェンハイム(A)、リバプール(A)と続きます。

CLはリヨンにホームで負けていますので、アウェイとは言え全力で勝ちに行くはずです。

過密日程の最期にリバプールとの頂上決戦があります。

リバプールはより厳しい連戦ですが、シティには強い印象があります。

アグエロはほぼ確実にスタメンですし、調子も良いので外せない選手となっています。