ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第7節 ニューカッスルVSレスター プレビュー

予想スタメン

ニューカッスル 4-4‐1‐1

GK ドゥブラフカ

DF イェドリン ラッセルズ フェルナンデス ダメット

MF リッチー ディアメ シェルヴェイ ケネディ

FW ペレス

FW ホセル

 

レスター 4-2‐3‐1

GK シュマイケル

DF ペレイラ エバンス マグワイア チルウェル

MF エンディディ メンディ

MF ゲザル マディソン オルブライトン

FW ヴァーディ

 

直近3試合の成績

ニューカッスル

0‐0 vs クリスタルパレス(A)

1‐2 vs アーセナル(H)

1‐2 vs マンチェスターシティ(A)

 

レスター

0‐0 vs ウォルバーハンプトン(A)

3‐1 vs ハダースフィールド(H)

2‐4 vs ボーンマス(A)

 

注目選手

ヴァーディ

ニューカッスルは順位ほど悲惨な状況ではありません。

4敗未勝利ですが、相手はトッテナムチェルシー、シティ、アーセナルです。

得点は少ないですが、守備陣は奮闘しています。

一方のレスターはミッドウィークにリーグカップを戦っています。

ウォルバーハンプトンと対戦し、スコアレスドローPK戦で勝利しました。

ヴァーディとイヘアナチョはトータルで90分で、それほど心配ありませんが、ゲザルとオルブライトンはフル出場し、グレイが負傷してしばらくは出場できそうにありません。

拮抗した試合が予想されるので、攻撃のカードが減るのは痛いです。

それでもレスターがやや優勢に思います。

前節のパフォーマンスが良かったのと、マディソンとヴァーディが好調だからです。

マディソンはコストも低いですし、セットプレーもあるのでもちろんおすすめです。

しかしここではヴァーディをおすすめします。

15節のフルアム戦までは比較的勝ち点を期待できる相手が続きます。

3年連続二桁得点を記録しているエースストライカーは7節から15節までの9試合のスパンで考えれば、コンスタントに結果を出せるはずです。

ヴァーディはトップ6のチームに強いので16節以降も期待できますし、現在8.9にコストが下がっていますので、9.5まで上がって9.2で移籍なんて展開は最高です。