ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第7節 エバートンVSフルアム レビュー

エバートン3‐0フルアム

得点 56分 シグルドソン

   66分 トスン(ウォルコット

   89分 シグルドソンベルナルジ

 

エバートンが内容も含めて完勝でした。

アタッカーの能力は疑う余地はありませんでしたが、今シーズン初のクリーンシート達成は大きな結果と言えます。

ポイントには反映されませんが、ゲイェが驚異のタックル9回成功。

フルアムのオンターゲットを0に抑えた立役者となっています。

パス成功もチームトップの本数でとても目立っていました。

それでも主役はシグルドソンです。

PKをバーに当ててしまいましたが、流石のシュート精度で2ゴールを決めました。

スウォンジー時代からシュートの精度とパワーはプレミアトップクラスで、決定的なパスも出せて、セットプレーまで蹴るので、エバートンの調子が良ければ期待値の非常に高い選手です。

一方のフルアムは前半にセセニョンが決定的なシュートをバーに当ててしまい、あれが入っていればという悔しい結果になってしまいました。

あんなに力を入れて打つ必要があったのか疑問で、枠に入れればキーパーは反応できない位置でした。

ミトロビッチはシュートこそエリア外からになってしまいましたが、空中戦勝利は7回と強さを見せました。

 

今後の日程

エバートン

サウサンプトン(H)

レスター(A)

クリスタルパレス(H)

ミッドウィークにリーグカップを戦います。

けが人も何人かいてマネジメントが難しいですが、順位を上げるためにも勝ち点を積み上げたいところです。

 

フルアム

アーセナル(H)

カーディフ(A)

ボーンマス(H)

4戦未勝利で苦しいですが、好調アーセナルをホームに迎えます。

リーグ最多タイの16失点。

ミトロビッチは年間通してポイントを期待できますが、守備陣は期待値が低いです。