ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第7節 ニューカッスルVSレスター レビュー

ニューカッス0‐2レスター

得点 30分 ヴァーディ(PK)

   73分 マグワイア(マディソン)

 

好調レスターがアウェイで完勝です。

エンディディとメンディが安定してパスを繋げますし、マグワイアモーガンは流石の強さです。

センターラインがしっかりしていると安定感があります。

ヴァーディはもちろん得点が期待できますが、これだけ空中戦に強いと、プレースキッカーであるマディソンもやはり期待値が上がります。

また、ペレイラはSBではなくもう一列前でプレーしており、得点への関与とクリーンシートが期待できます。

一方のニューカッスルはシェルベイとディアメのパス本数成功率がともに低いです。

この2人がもっと組み立てで関与しないと試合が作れず、ラッセルズが自陣深くからロングボールを蹴るという展開が多いです。

ラッセルズはこの試合22本のパスミスをしており、もっとヘルプが必要です。

リーグカップも含めて今シーズン未勝利です。

 

今後の日程

ニューカッスル

マンチェスターユナイテッド(A)

ブライトン(H)

サウサンプトン(A)

不調なチームとの連戦ですが、それでも厳しい状況です。

 

レスター

エバートン(H)

アーセナル(A)

ウェストハム(H)

難敵揃いですが、今のチーム状態なら十分ポイントが望めます。

15節のフルアム戦まではレスターの選手はおすすめです。