ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第8節 マンチェスターユナイテッドVSニューカッスル プレビュー

予想スタメン

マンチェスターユナイテッド 4-3-3 

GK デヘア

DF バレンシア スモーリング リンデロフ ショー

MF ポグバ フェライニ マティッチ

FW ラッシュフォード ルカク マルシャル

 

ニューカッスル 4-4‐1‐1

GK ドゥブラフカ

DF イェドリン ラッセルズ クラーク ダメット

MF リッチー ディアメ シェルヴェイ ケネディ

FW ペレス

FW ホセル

 

直近3試合の成績

マンチェスターユナイテッド

0-0 vs バレンシア(H)

1-3 vs ウェストハム(A)

2-2 vs ダービーカウンティ(H)

 

ニューカッスル

0-2 vs レスター(H)

0‐0 vs クリスタルパレス(A)

1‐2 vs アーセナル(H)

 

注目選手

スモーリング

ユナイテッドはミッドウィークにホームでCLを戦っています。

合計18本のシュートを放ち、そのうちエリア内が10本でしたが、枠内がわずかの1本。

まだまだ状態は悪そうです。

この試合ではサンチェスがスタメン復帰し、右サイドを務めました。

3回キーパスを成功していますし、左サイドが得意な選手が多いので、形になれば面白いと思います。

ディフェンスラインにはバイリーが出場しました。

リーグカップを除けば、スタメン出場は8月18日のブライトン戦まで遡ります。

デヘアを擁しながら失点数が多いので、守備も改善が必要です。

一方のニューカッスルも未勝利の18位。

とにかく点が取れません。

1試合平均のシュート数が最下位となっており、そもそもシュートチャンスがありません。

パス成功率が66.9%と19位、キーパスの数も最下位となっていて、攻撃面では良い所がありません。

失点数は9位タイで比較的少ないので、粘り強く守り少ないチャンスを活かすしかなさそうです。

不調とは言え、流石にユナイテッドが勝つと思いますが、今節は攻撃陣よりも守備陣の方が期待値が高そうです。

デヘアはコストが下がっていますが、そのまま下がりそうなのでおすすめしません。

今節も苦戦する可能性があると考えると、セットプレーで強さを発揮するスモーリングの方がおすすめです。

ただ、次節がチェルシー戦ですし、無理にユナイテッドのコストの高い選手を入れるメリットはなさそうです。