ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第9節 マンチェスターシティVSバーンリー レビュー

マンチェスターシティ5-0バーンリー

得点 17分 アグエロ(シルバ)

   54分 シウバ(シルバ)

   56分 フェルナンジーニョ

   83分 マフレズ(フェルナンジーニョ

   90分 サネ(メンディ)

 

終わってみればシティの大勝です。

プレビューでも書いた通り、ある程度シティが苦戦すると思っていました。

実際に前半は14本のシュートでたった1点しか取れていません。

それでも1点取れたのはシティにとって大きかったように思います。

コンパニは開始直後にレノンへの足裏タックルでイエローをもらっていますし、前半にはエリア内で3本のシュートを打たれています。

特に35分のヘンドリックのシュートは危険でした。

バーンリーの緊張の糸が切れてしまったのは2失点目で、PKを確実に与えたと思ったのに取ってもらえず逆に難しい精神状態に陥りました。

PKでなかったのであればダビドシルバはオフサイドで、かつバーンリーの選手はゴールラインを割っていたことを主張していたと思われます。

PKを目の前で見逃した分、主審はセルフジャッジを楯に帳尻を合わせました。

81分のサネの蹴りをイエローにしたりとジャッジには疑問が残ります。

サネは日大アメフト部ばりの蹴りをかましていて、後日出場停止にされる可能性があるように思います。

3-0で勝っているチームの選手のやることではありません。

それ以外ではデブライネの復帰、アグエロ、ダビドシルバ、ベルナルドシウバを早めに下げられたこと、スターリング、オタメンディの休息でCLへの準備は万端です。

 

今後の日程

マンチェスターシティ

vsシャフタール(A)

vsトッテナム(A)

vsフルアム(H カラバオカップ)

ウクライナ遠征での結果次第ですが、準備は十分に出来ていますし、トッテナム戦は月曜開催で、トッテナムもオランダへの遠征があり1日中日が少ない状態ですので、それほど問題はないでしょう。

何より昨シーズンの2試合合計が7-2で戦術的な相性でトッテナムをカモとしています。

その内3ゴールを取っているスターリングはおすすめできます。

 

バーンリー

vsチェルシー(H)

vsウェストハム(A)

vsレスター(A)

厳しい相手が続きますが、気を引き締め直して持ち前の堅守で相手を困らせてほしいです。

日曜の昼キックオフのチェルシー戦ですが、チェルシーは木曜の夜に試合をしてます。

コンディション面は有利なので、最多のセーブ数を誇るハートを中心にクリーンシートを目指してほしいです。