ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第9節 エバートンVSクリスタルパレス レビュー

エバートン2-0クリスタルパレス

得点 87分 ルーイン(ルックマン)

   89分 トスン(キーン)

 

大ピンチを2つ凌いだエバートンが終了間際に2点を取って勝利しました。

クリスタルパレスはどちらか1つ、特にPKの方が決まっていればという悔しい敗戦となりました。

クヤテのヘディングはバーに嫌われ、ミリヴォイェヴィッチのPKはピックフォードにセーブされました。

得点がわずかに5点と低迷の理由がはっきりしている状況なので、スコアレスの決定機を2つも逃してからの敗戦は精神的なダメージも大きそうです。

エバートンは途中出場の選手が全員得点に関与しており、采配が見事に的中しました。

これで3連勝。

6位争いの主役になっていきそうです。

ルックマンのクロスに対しては、セットプレーからの流れで6人の選手がエリア内に入っていましたが、クリスタルパレスも7人の選手がエリア内にいました。

しかしながら得点したルーイン以外にも、危ない場所順にキーン、トスン、リシャルリソンがフリーとなっており、もっと相手選手を見ておかないといけません。

追加点もキーンのロングボールから1発でトスンが裏に抜けています。

サコーは気を抜きすぎでした。

失点は少なかったのですが、この試合では痛恨のミスを続けてしてしまい、今後にも影響がありそうです。

 

今後の日程

エバートン

vsマンチェスターユナイテッド(A)

vsブライトン(H)

vsチェルシー(A)

強敵との対戦ですが十分戦えるメンバーが揃っています。

ユナイテッドはミッドウィークにユベントスとハードな戦いをしていますし、チェルシーは直前にベラルーシに遠征で休息なくエバートン戦です。

勝機は十分あり、シグルドソン、リシャルリソン、ウォルコットはまだまだ期待できそうです。

 

クリスタルパレス

vsアーセナル(H)

vsミドルスブラ(A カラバオカップ)

vsチェルシー(A)

対戦相手の並びを見ると最悪と言っても差し支えありません。

この後更に、トッテナム、ユナイテッドと続きます。

チェルシー戦の直前にはチャンピオンシップで首位のミドルスブラとアウェイで対戦します。

3連敗中のチームにとっては非常に厳しい日程です。

ワンビサカもいよいよ替え時かもしれません。