ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第10節 ブライトンVSウォルバーハンプトン プレビュー

予想スタメン

ブライトン 4‐4‐1-1

GK ライアン

DF ベルナルド ダフィ ダンク ボング

MF ジャハンバフシュ ステファンズ カヤル イスキエルド

MF マーチ

FW ロカディア

 

ウォルバーハンプトン 3-4-2-1

GK パトリシオ

DF ベネット コーディ ボリー

MF ドハーティ モウチーニョ ネベス ジョニー

MF コスタ ジョッタ

FW ヒメネス

 

直近3試合の成績

ブライトン

1-0vsニューカッスル(A)

1-0vsウェストハム(H)

0-2 vsマンチェスターシティ(A)

 

ウォルバーハンプトン

0-2vsワトフォード(H)

1-0vsクリスタルパレス(A)

2-0 vs サウサンプトン(H)

 

注目選手

ライアン

ブライトンは2試合連続でクリーンシート達成での連勝です。

守備が安定していて、シティ、リバプール、ユナイテッド、トッテナムの対戦を含んでの9試合でたったの13失点です。

得点も10得点とまずまずの成績です。

しかし、ケイン、ミトロビッチと同じく5得点のマレーが負傷で欠場です。

得点以外での役割も大きいので、代わりに出場が予想されるロカディアには攻撃の起点となり、時間を作る役割が期待されます。

一方のウォルバーハンプトンも昇格組ながら好調をキープしています。

しかしメンバーがかなり固定されているので、対策もとりやすく、疲労も蓄積していきます。

全試合スタメン固定で、トラオレ以外の控え選手の出場時間も短いです。

チャンピオンシップもタフなリーグですが、対戦相手のレベルが格段に上がるプレミアの日程はよりタフです。

この試合ではロースコアが予想されるので、ホームで強いブライトンが奮闘すると思われます。

得点よりも守備陣の方が期待できるので、連続クリーンシート達成のライアンをおすすめします。

17節のチェルシー戦まではトップ6との対戦がないのもおすすめな点です。