ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第10節 サウサンプトンVSニューカッスル レビュー

サウサンプトン0-0ニューカッスル

 

予想通りのロースコア、スコアレスドローという結果になりました。

両チームともに決定力がなく、個人個人が自分で点を取りたい思いが強くなってしまい、よりチャンスのあるパスを選択できていません。

チャンスを作っていたのはホームのサウサンプトンです。

22本のシュートを放ちましたが、枠内はたったの4本です。

開始直後のエルユヌシが抜け出したシーンは、オースティンにパスを出せば確実に決めていたはずです。

オースティンはオースティンで無理なシュートを打っており、途中出場の選手も含めて4人のフォワードが枠内シュート0に終わっています。

今節はホイビュルクが病気で欠場してしまい、それも痛かったです。

サイド攻撃は両サイドバックを中心に悪くありません。

ニューカッスルはポゼッションもパス成功率も大差なかったのですが、攻撃の形が全く作れませんでした。

守備陣は寄せも速く奮闘しましたが、武藤やペレスがもっと時間を作れないと厳しいです。

対照的なのはSBのプレー位置で、前述の通り支配率は五分にも関わらず、ソアレスバートランドの方が圧倒的に高い位置でプレーしています。

最前線だけでなく、ケネディとリッチーももっと効果的な時間作りが求められます。

終盤にロングが決定機を外したシーンで、レドモンドが笑いながら頭を抱えていたのが印象的です。

冬まではこのメンバーで戦うしかないので、アタッキングサードでの冷静なプレーが求められます。

 

今後の日程

サウサンプトン

10/30 vsレスター(A カラバオカップ)

11/4   vsマンチェスターシティ(A)

11/10 vsワトフォード(H)

カラバオカップを挟んで、シティと今シーズン好調なワトフォードとの連戦です。

サウサンプトンの選手を入れることにメリットはありません。

 

ニューカッスル

11/3   vsワトフォード(H)

11/10 vsボーンマス(H)

11/26 vsバーンリー(A)

好調な2チームとの連戦です。

ホームと言えど、未勝利19位のニューカッスルにとっては厳しい相手が続きます。