ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第10節 ブライトンVSウォルバーハンプトン レビュー

ブライトン1-0ウォルバーハンプトン

得点 48分 マレー(ブルーノ)

 

ホームで強いブライトンが3連続クリーンシートで連勝継続です。

試合はウォルバーハンプトンが圧倒的に支配しました。

支配率60.1%、パス成功率84%、シュート数25本とトップ6並のスタッツを記録しています。

しかしながらここのところのブライトンのメンタリティは昨シーズンのバーンリーに通ずるものがあります。

シュートブロック10回、タックル成功19回と素晴らしい守備です。

ライアンも7回のセーブを記録しており、お値打ちなキーパーと言えます。

守備もさることながら、たった1本の枠内シュートで1得点をあげる効率の良さ。

攻守ともに上手くいっています。

得点を決めたマレーは出場が危ぶまれていましたが、フル出場しています。

ウルブスは初めてスタメンを変えて、トラオレが先発しました。

得点力の低いチームなので、研究されてしまうと厳しいものがあります。

好調をキープしていましたが連敗してしまい、一気に順位を下げる可能性すら感じさせます。

守備は堅いので、ドハーティを使う以外の攻撃のバリエーションが必要です。

3バックなので単純に逆サイドのジョニーがもう少し攻撃に関与しても良いと思います。

 

今後の日程

ブライトン

11/3   vsエバートン(A)

11/10 vsカーディフ(A)

11/24 vsレスター(H)

アウェイ連戦の後にレスターとの対戦なので難しい試合が続きますが、3戦連続1-0で勝利してますので、守備陣はコストも低いですしおすすめです。

 

ウォルバーハンプトン

11/3   vsトッテナム(H)

11/11 vsアーセナル(A)

11/25 vsハダースフィールド(H)

ノースロンドンの2チームとの連戦です。

戦力を考えれば厳しいですが、マンチェスターの2チームとは引き分けているので、強烈なアタッカー達を抑えて勝ち点を狙いたいところです。

前半戦はまだチェルシーリバプールボーンマスを残しているので、守備陣はポイントを稼いできましたが注意が必要です。