ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第10節 フルアムVSボーンマス レビュー

フルアム0-3ボーンマス

得点 14分 ウィルソン(PK)

   72分 ブルックスフレイザー

   85分 ウィルソン(フレイザー

 

予想通りボーンマスの圧勝となりました。

ウィルソンの誘いにフォスメンサーが簡単に乗ってペナルティを与えました。

このあたりの余裕なプレーは今シーズンのウィルソンを象徴しています。

直後にカマラがベゴビッチの罠にかかりダイブをして嫌なムードを作ります。

逆にフルアムは終始余裕がありません。

退場したマクドナルドは1枚目のシーンで、無理にフレイザーにタックル必要がありませんでした。

3人で囲んでいたのにもったいなさすぎます。

カマラも2枚目を貰っていておかしくなく、守備の崩壊とともにチームとして崩壊しているように思います。

プレミアではどの試合もチャレンジャーとして戦う必要があり、このようなメンタリティでは今後も負け続けるでしょう。

ブルックスもウィルソンも落ち着いて追加点を決め、盤石の勝利となりました。

キングが足首の負傷で欠場しましたが、フレイザーも含めた前線3人はキングの不在を感じさせませんでした。

 

今後の日程

フルアム

11/1   vsマンチェスターシティ(A カラバオカップ)

11/5   vsハダースフィールド(A)

11/11 vsリバプール(A)

カラバオカップも含めてアウェイ3連戦です。

もちろんミトロビッチは素晴らしい選手でポイントを期待できますが、守備が崩壊しており、大量失点してしまうと得点しにくい展開になってしまうので、優先度は低いです。

 

ボーンマス

10/30 vsノリッジ(H カラバオカップ)

11/3   vsマンチェスターユナイテッド(H)

11/10 vsニューカッスル(A)

ノリッジ戦でどの程度ターンオーバーできるかは重要です。

現状であればユナイテッドにも十分勝機があります。

ノリッジはチャンピオンシップで上位につけますが、1点差のゲーム3連戦の後なので、思い切ってスタメン全員入れ替えても良いくらいです。

29節のシティ戦までトップ6との対戦が多く、ニューカッスル戦終了後は検討が必要です。