ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第11節 ウェストハムVSバーンリー プレビュー

予想スタメン

ウェストハム 4‐4-1-1

GK ファビアンスキ

DF サバレタ バルブエナ ディオプ マスアク

MF ディアンガナ オビアング ライス アンデルソン

MF スノドグラス

FW アウナルトビッチ

 

バーンリー 4-4-1-1

GK ハート

DF ロートン ターコウスキー ベンミー テイラー

MF グズムンドソン デフール ウェストウッド ブレイディ

MF ヘンドリック

FW ボークス 

 

直近3試合の成績

ウェストハム

1-3vsトッテナム(H)

1-1vsレスター(A)

0-1vsトッテナム(H)

 

バーンリー

0-4vsチェルシー(H)

0-5vsマンチェスターシティ(A)

1-1vsハダースフィールド(H)

 

注目選手

ファビアンスキ

ウェストハムはミッドウィークにカラバオカップを戦っています。

ディオプ、マスアク、ライス、ディアンガナがフル出場、オビアングが60分、アンデルソンとスノドグラスが45分ずつ、アルナウトビッチが30分の出場でした。

ノーブルはこの試合も出場停止です。

ロンドンダービーだったことと、ある程度競った試合だったので、出場した選手が多くなってしまいました。

中2日で向かえるこの試合にはかなり影響がありそうです。

一方のバーンリーはここ2試合で9失点と大量失点を喫しています。

相手がシティとチェルシーとは言え、流石に多すぎます。

この試合ではより一層守備に重きを置いて試合に臨むと思います。

ともに得点力の高いチームではないこともあり、ロースコアが予想されます。

どちらかというとウェストハムの守備陣の方がおすすめできます。

今後の対戦を見ると、バーンリーはアウェイ戦が多く、その後リバプールトッテナムアーセナルとの試合が続きます。

一方のウェストハムは13節でシティと対戦しますが、それ以降は22節のアーセナル戦までトップ6との対戦はありません。

今節は日程の関係で守備陣をおすすめしますが、次節以降はアルナウトビッチはおすすめできます。

ファビアンスキは前節7回のセーブを見せています。

ノーブル退場の影響が大きいですが、それでも立派な数字で、セーブ数はハートと

本差の2位につけています。

昨シーズンを上回るペースでセーブしており、157Ptsを獲得した昨シーズンと同じくらいのポイントが期待できます。