ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第11節 アーセナルVSリバプール レビュー

アーセナル1-1リバプール

得点 61分 ミルナー

   82分 ラカゼット(イウォビ)

 

見ごたえのある面白い試合となりました。

ハイスコアにならなかったのが不思議です。

それほど両チームともにチャンスを作っていました。

支配率はアーセナルが61.8%と圧倒しましたが、シュート関連のスタッツはほぼ互角です。

アーセナルはこの試合20回のタックルを成功させています。

ムスタフィ、ホールディングが4回ずつ、そしてジャカが5回です。

数試合ぶりのセントラルでの出場でMOM級の活躍を見せました。

パス成功数は102本で、ミルナー、ワイナルドゥム、ファビーニョの3人の合計が96本なので、中盤を完全に支配していました。

エジルも4本のキーパス成功で、周囲に動ける優れたアタッカーがいれば、まだまだエジルはやれます。

 リバプールではファンダイクが目立っていました。

守備での安定感はもちろんのこと、ゴール前でも何度も良い動きからシュートを放っていました。

恐らくベストパフォーマンスに近いアーセナルでしたが、それでも勝ち点を持ち帰るあたりにリバプールの強さを感じます。

非常に強度の高い試合で最後まで楽しむことができました。

 

今後の日程

アーセナル

11/8   vsスポルティング(H)

11/11 vsウォルバーハンプトン(H)

11/25 vsボーンマス(A)

今節の様なビッグマッチの後は肉体的にも難しいものがありますが、イウォビ、ウェルベックラムジーあたりの控え選手でも十分勝利が期待できます。

ここでスポルティングに勝てば首位通過がほぼ確定なので決めてほしいです。

そうなれば心置きなくオーバメヤンかラカゼット、あるいはエジルを入れることができます。

いずれにせよ、負傷の可能性もありますし、アーセナルの選手はELが終わってから検討したいところです。

 

リバプール

11/6   vsツルヴェナ(A)

11/11 vsフルアム(H)

11/24 vsワトフォード(A)

リバプールはツルヴェナには絶対に勝つ必要があります。

現在首位ですが、混戦かつナポリとPSGとの対戦が残っており、PSGとはアウェイ戦です。

しかしながら、シャキリが帯同しないことが明言されており、苦しい試合になる可能性があります。

救いは次節が楽な相手であるフルアムであることです。

前線3人の出場時間もそうですが、中盤も手薄なので注視する必要があります。