ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第11節 ウォルバーハンプトンVSトッテナム レビュー

ウォルバーハンプトン2-3トッテナム

得点 27分 ラメラ(ソンフンミン)

   30分 モウラ(トリッピアー) 

   62分 ケイン

   68分 ネベス(PK) 

   79分 ヒメネス(PK) 

 

ケインが3点目を決めた時点で勝負は決したと思いましたが、危うく追いつかれ、更には逆転まであるのではないかと思うような展開となりました。

トッテナムは判定にも助けられていますので、反省点の多い試合となりました。

プレミア初出場となったフォイスがPKを2本与えてしまいました。

しかし、1本目は軽率なチャージではありましたが、直前のトリッピアーのプレーがピンチを作りました。

このプレー以降はフォイスのパフォーマンスが劇的に悪くなっており、W杯出場経験のあるトリッピアーは20歳のデビュー選手に厳しい試練を与えました。

ゲームを上手く終わらせることが出来ないのは、他の上位チームと大分異なります。

一方のウォルバーハンプトンアタッキングサードで相手の脅威となるプレーができており、PK以外でも得点の可能性が見られました。

この試合ロリスは5本のセーブをしており、枠内シュート3本のヒメネスは能力の高さを証明しています。

終盤に入ってきたトラオレに対しては、デイビスは全く対応できていなかったので、あと10分投入が早くても良かった気がします。

昇格組ですが選手層を除けば力のあるチームです。

 

今後の日程

ウォルバーハンプトン

11/11 vsアーセナル

11/25 vsハダースフィールド

11/30 vsカーディフ

ノースロンドンのチームとの連戦となります。 

アーセナルは好調ですが、気の抜けない連戦の後なので、今節の様な試合になる可能性は十分あります。

ただ、無理してアーセナル戦に向けてウォルバーハンプトンの選手を入れる必要はありません。

 

トッテナム

11/6   vsPSV(H)

11/10 vsクリスタルパレス(A)

11/24 vsチェルシー(H)

落とせないPSV戦の後に曲者クリスタルパレスとの試合です。

負傷者が多いのと、エリクセンとデレアリの2選手のコンディションが不安です。

何より今節もそうですが、ワトフォードに負けていることで、トップ6の中でもトッテナムとユナイテッドになら勝てるかも、と思われていることは問題です。

相手選手のモチベーションをあげてしまっているので、トッテナムもユナイテッドも難しい試合が多くなりそうです。

様子を見てになりますが、15節のサウサンプトン戦以降での検討をおすすめします。