ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第11節 ウェストハムVSバーンリー レビュー

ウェストハム4-2バーンリー

得点 11分 アルナウトビッチ

   45分 グズムンドソン(ウェストウッド)

   68分 アンデルソン(ディアンガナ)

   77分 ウッド(ブレイディ) 

   84分 アンデルソン

   91分 チチャリート(アントニオ)

 

意外にもハイスコアな試合となりました。

堅守が売りのバーンリーが直近3試合で13失点と崩壊しています。

枠内シュートを10本打ったウェストハムは実力者が揃っていますが、この試合で印象的だったのはディアンガナです。

デビューしてから徐々に出場機会を増やし、ついにアシストを記録しました。

チーム最多の5本のキーパス成功、ドリブルも最多で6回成功しています。

ディオプ、ライス、ディアンガナと将来楽しみな選手が同時に出場機会を得られているので、ウェストハムの試合は今後も注目したいです。

一方のバーンリーは打たれた22本のシュートの内ブロックできたのはたったの6本です。

本来のバーンリーであれば22本も打たれていれば10本以上はブロックできているのではないでしょうか。

2度も追いつきながら更に2失点しての敗戦はらしくない負け方で非常に残念です。

 

今後の日程

ウェストハム

11/10 vsハダースフィールド(A)

11/24 vsマンチェスターシティ(H)

12/1   vsニューカッスル(A)

ヤルモレンコの負傷でどうなるかと思いましたが、ディアンガナの活躍もあり、攻撃陣の状態は上向きです。 

アルナウトビッチ、アンデルソンに加え、ディアンガナは検討すべき選手です。

13節のシティ戦を終えれば22節のアーセナル戦までトップ6との対戦はないので、3人の内少なくとも1人はどこかで入れた方が良さそうです。

 

バーンリー

11/10 vsレスター(A)

11/26 vsニューカッスル(H)

12/1   vsクリスタルパレス(A)

守備が安定しないと相手がどこであれ、バーンリーの選手を入れる理由はありません。