ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第12節 ニューカッスルVSボーンマス プレビュー

予想スタメン

ニューカッスル 4-4‐1‐1

GK ドゥブラフカ

DF イェドリン シェア フェルナンデス ダメット

MF リッチー キソンヨン ディアメ ケネディ

FW ペレス

FW ロンドン

 

ボーンマス 4-4‐1-1

GK ベゴビッチ

DF フランシス Sクック アケ ダニエルズ

MF スタニスラス レルマ Lクック フレイザー

MF ブルックス 

FW ウィルソン

 

直近3試合の成績

ニューカッスル

1-0vsワトフォード(H)

0-0vsサウサンプトン(A)

0-1vsブライトン(H)

  

ボーンマス

1-2vsマンチェスターユナイテッド(H)

2-1vsノリッジ(H)

2-1vsフルアム(A)

 

注目選手

イェドリン

ニューカッスルは好調ワトフォードを相手に勝利を収め、ついに初勝利を飾りました。

希望の光が見えかけたところで、続けて好調ボーンマスをホームに迎えます。

前節負傷交代したラッセルズ、シェルヴェイ、武藤ですが、出場の可能性はあるようです。

ラッセルズがいるかいないかは大きく、泥沼の中でも失点数の少なさが目立ちました。

14失点は5位アーセナル、6位ボーンマスと同数です。

ボーンマスを苦しめるために、少なくとも前半を無失点で終えたいです。

対するボーンマスは前節敗れはしましたが、攻撃力の高さを十分示しました。

しかしながら、カップ戦も戦ったことでやや疲労が溜まっている可能性があり、前節は終盤に失点しての逆転負けだったので、精神的な疲労も大きいと推察できます。

また、今節アウェイでワトフォードフルアム相手に大勝していますが、両方とも相手に退場者が出ており、それらを除く3試合では7失点しております。

特にバーンリー戦では0-4での大敗で、この試合でも苦戦する可能性は十分あります。

どちらにせよボーンマスの複数得点の可能性はこれまでよりやや下がります。

そこで前節素晴らしい活躍を見せたイェドリンをおすすめします。

対峙したワトフォードの左サイドはペレイラとホレバスでしたが、クリーンシートを達成に貢献しています。

一列前のリッチーが守備を頑張っていたので、今節も2人でフレイザーを抑えてほしいです。