ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第12節 チェルシーVSエバートン プレビュー

予想スタメン

チェルシー 4-3-3

GK ケパ

DF アスピリクエタ リュディガー ルイス アロンソ

MF カンテ ジョルジーニョ コバチッチ

FW ウィリアン モラタ アザール

 

エバートン 4-2-3-1

GK ピックフォード

DF コールマン キーン ミナ ディーニュ

MF ゴメス ゲイェ

MF ウォルコット シグルドソン ベルナルジ

FW リシャルリソン 

 

直近3試合の成績

チェルシー

1-0vsBATE(A)

3-1vsクリスタルパレス(H)

3-2vsダービー(H カラバオカップ

 

エバートン

3-1vsブライトン(H)

1-2vsマンチェスターユナイテッド(A)

2-0vsクリスタルパレス(H)

 

注目選手

モラタ

17戦無敗のチェルシーエバートンの対戦です。

チェルシーベラルーシ遠征の直後の試合となります。

スコアも1-0ですし、ポストとバーに合わせて3回当てられるほど決定機を作られました。

最終ラインが全員ローテーションだったこともありますが、73.9%の支配率だったので、もう少し危険を回避できたような気がします。

ジョルジーニョ、バークリーがフル出場、アザールが60分、ウィリアンとコバチッチが30分の出場でした。

この試合の勝利でグループ突破が決まりましたが、カンテ、アスピリクエタもベンチ入りしているので、疲労は溜まっていると思います。

移動距離に加え、天候がコンディション調整を難しくしたはずです。

エバートン戦に向けてどれだけ回復できるでしょうか。

エバートンはズマがチェルシーからのローンなので、代わりにミナが先発予定です。

チェルシーに支配される時間が長くなると思いますが、前線にはテクニカルな選手がいるので、上手くパスを回してチャンスを作りたいところです。

しかしながらチェルシー戦の成績は悪く、特にスタンフォードブリッジでは勝てていません。

相性も考えると過密日程であってもチェルシーが優位で、しかしながらクリーンシートまでは厳しいと思います。

そこでELは完全休養だったモラタをおすすめします。

前節2ゴールを決めるなど、今シーズンは完全に自信を取り戻したようです。

上手く裏に抜けられますし、ゴール前で落ち着いています。

前節はキーパーとの1対1でループシュートをキャッチされ、ハットトリックを逃しました。

そういった甘さがありますが、得点の期待値は、今節に限って言えばアザールと同等と言っても過言ではありません。

エバートンにはチェルシーを苦しめるようなプレーで面白い試合を演出してほしいです。