ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第12節 レスターVSバーンリー レビュー

レスター0-0バーンリー

 

レスターが圧倒しましたが、バーンリーが守りきってのスコアレスドローとなりました。

レスターにとっては、マグワイアとマディソンの欠場が大きかったように思います。

それでもゲザルは良い出来だったと思います。

バーに当てたのもそうですが、マディソンの代わりは十分務められたと思います。

これだけセットプレーがあると、マグワイアの不在をより大きく感じます。

一方のバーンリーは久々のクリーンシートとなりました。

8回のシュートブロックでらしさが戻ってきたように思いますが、エリア内で13本も打たれており紙一重のようにも思います。

むしろレスター、特にヴァーディの決定力不足に助けられました。

それでもここ数試合のことを考えれば、勝ち点を取れたことはポジティブな結果です。

特にバーンリーのような相手にはポゼッションして戦うので、岡崎には長い時間は与えられません。

最後の惜しいヘディングシュートを見ると、もう少し見たいなと思いますが、冬のマーケットで移籍濃厚だと思います。

移籍先の候補は全く知りませんが、年齢的にもチーム方針的にも残る価値を感じません。

 

今後の日程

レスター

11/24 vsブライトン(A)

11/27 vsサウサンプトン(H カラバオカップ)

12/1 vsワトフォード(H)

延期されていたカップ戦が入り、欧州カップ戦組みと同じような過密日程となっています。

比較的守備は安定しているので、チルウェルとペレイラはおすすめできますが、攻撃陣は期待値が低いです。 

 

バーンリー

11/26 vsニューカッスル(H)

12/1   vsクリスタルパレス(A)

12/5 vsリバプール(H)

本来の守備力を発揮できればニューカッスルクリスタルパレスには得点を許さないでしょうが、リバプールトッテナムアーセナルエバートンと厳しい相手が続くのでおすすめできません。