ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第13節 ウェストハムVSマンチェスターシティ プレビュー

予想スタメン

ウェストハム 4‐5-1

GK ファビアンスキ

DF サバレタ バルブエナ ディオプ クレスウェル

MF ディアンガナ オビアング ライス ノーブル アンデルソン

FW アウナルトビッチ

 

マンチェスターシティ 4-3-3

GK エデルソン

DF ウォーカー ストーンズ ラポルト デルフ

MF ギュンドアン フェルナンジーニョ シルバ

FW マフレズ アグエロ スターリン

 

直近3試合の成績

ウェストハム

1-1vsハダースフィールド

4-2vsバーンリー(H)

1-3vsトッテナム(H)

 

マンチェスターシティ

3-1vsマンチェスターユナイテッド(H)

6-0vsシャフタール(H)

6-1vsサウサンプトン(H)

 

注目選手

スターリン

両チームとも怪我人が多く、ここからの過密日程に不安があります。

ウェストハムはスノドグラスが出場停止となっています。

ウィルシャーとキャロルがトレーニングに復帰したようですが、この試合にはまだフィット出来ない可能性が高そうです。

一方のシティは、デブライネ、メンディ、マンガラに加えて、ベルナウドシルバとオタメンディに負傷欠場の可能性があります。

過去の対戦成績を見ると、ペップが監督になってからの2シーズンはシティの4連勝です。

13得点3失点と圧倒しています。

中でも2ゴール4アシストのスターリングはウェストハムの天敵となっています。

ちなみにリバプール時代の試合も確認できる限り確認したところ2得点しており、相性はかなり良さそうです。

ドイツ代表で長い時間出場したサネよりも、スターリングがスタメンになる可能性の方が高そうです。

CLは2位のリヨンが相手ですが、引き分け以上で突破が決まります。

それでもホームで負けた相手ですし、ジェズスやサネはCLで結果を出したいと思っているはずで、勝ちに行くと思われます。

今シーズンCLに懸ける思いは強いと思います。

過密日程の最中でなければ、アウェイという条件はシティにとってさほど問題ありません。

クリーンシートにも期待できますが、失点した5チームはハダースフィールドウォルバーハンプトンニューカッスルサウサンプトン、ユナイテッドと、と8位ユナイテッドを除けばボトムハーフのチームに失点しています。

アグエロとダビドシルバも絶好調ですが、相性の良さからスターリングをおすすめします。