ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第13節 バーンリーVSニューカッスル プレビュー

予想スタメン

バーンリー 4-4-2

GK ハート

DF ロートン ロング ベンミー テイラー

MF レノン ヘンドリック コーク ブレイディ

FW ウッド  ヴォークス

 

ニューカッスル 4-4‐1‐1

GK ドゥブラフカ

DF イェドリン シェア フェルナンデス マンキージョ

MF リッチー キソンヨン ディアメ ケネディ

FW ペレス

FW ロンドン

 

直近3試合の成績

バーンリー

0-0vsレスター(A)

2-4vsウェストハム(A)

0-4vsチェルシー(H)

 

ニューカッスル

2-1vsボーンマス(H)

1-0vsワトフォード(H)

0-0vsサウサンプトン(A)

 

注目選手

イェドリン

 5試合未勝利なしのバーンリーと3戦無敗2連勝中のニューカッスルの対戦です。

ニューカッスルは連勝も良かったですが、その相手がワトフォードボーンマスで好調なチームを叩けたのはチーム内の雰囲気をよくしたのではないでしょうか。

ダゾーンのインタビューで武藤が「最悪」と言っていた状況からは明らかに脱しています。

もともと守備力の高いチームで、2勝3分7敗と低迷しているのにも関わらず、4回もクリーンシートを達成しています。

あとは攻撃さえ上手くいけば、というところでここ数試合はケネディとロンドンが活躍しています。

今節は守備自慢の2チームの対戦なのでロースコアが予想されます。

しかしながら、バーンリーは直近5試合で14失点とらしさを失っています。

やっと前節レスター相手に無失点に凌ぎましたが、レスターはマディソン、マグワイアという攻守の要を欠いていましたし、何よりヴァーディが不調です。

危険な場面は何度もあり、無失点だったからと言って安心はできません。

また、今後リバプールトッテナムアーセナルとの対戦が続くので、バーンリーの選手はおすすめできません。

一方のニューカッスルは18節のフルアム戦までトップ6との対戦はありません。

ケネディ、ロンドンが好調とは言え、やはり守備陣の方が期待値は高いです。

中でもイェドリンはアシストも期待できるのでおすすめです。