ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第13節 ブライトンVSレスター レビュー

ブライトン1-1レスター

得点 15分 マレー(クノッカール)

   79分 ヴァーディ(PK)

 

60分以上を10人で戦ったレスターがなんとかドローに持ち込みました。

早い時間帯にブライトンが得意のセットプレーで先制します。

ダンクやダフィを使ったセットプレーが目立ちますが、マレーがチルウェルと岡崎のいるニアに突っ込んでミスマッチを作り簡単に決めました。

そして28分にマディソンが2枚目のカードで退場します。

1枚目も不要なファールでしたが、2枚目はもっと不要なダイブでした。

数的不利になってからの試合展開を見ても、レスターであれば十分支配できる相手でした。

ダイブをするにはあまりにも時間帯が早くハイリスクな選択で、非常にもったいないプレーです。

反省をしてまた活躍をしてほしいと思います。

得点を除けば両チーム2本ずつのオンターゲットで、その後は膠着した試合展開となります。

それでもセットプレーの流れからエリア内でハンドを取られたハダースフィールドがPKを与えてしまいます。

起こりうることなので、特別悪いプレーではなく、2点目を取ることができなかったことの方が良くなかったです。

そのPKをこの試合スタメンから外れたヴァーディがきっちり決めてドローに持ち込みました。

レスターは今シーズン4回目の退場者で、これでは上位に食い込むことはできません。

 

今後の日程

ブライトン

12/1   ハダースフィールド(A)

12/4 クリスタルパレス(H)

12/8 バーンリー(A)

マレーはサラー、ケイン、アザールらと並び3位タイの7得点です。

チーム得点の半分をマレーが決めています。

セットプレーも相変わらずの強さで、マレー、ダンク、ダフィは期待できます。 

 

レスター

11/27 サウサンプトン(H カラバオカップ)

12/1 ワトフォード(H)

12/5 フルアム(A)

延期されていたカップ戦が入ります。

ワトフォード戦の前に消耗する試合は避けたいですが、相手がサウサンプトンかつホームなので、次のラウンドに進みたいところです。

前述のとおり、退場者で試合を壊してしまうことの多いチームなので、安定感に欠けます。