ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第13節 ワトフォードVSリバプール レビュー

ワトフォード0-3リバプール

得点 67分 サラー(マネ)

   76分 アーノルド

   89分 フィルミーノ

 

終わってみればリバプールの完勝です。

それでも先制点が67分だったことは、リバプールとしては望ましい展開ではありませんでした。

中3日に控えるPSG戦に向けてはケイタを温存できたくらいでしょうか。

おまけにヘンダーソンが退場し、マージーサイドダービーの選択肢が1枚減ってしまいました。

ポジティブな面を考えると、アーノルドのフリーキックは今後も大きな武器になると思います。

また、フィルミーノが得点したことも良かったです。

献身性は相変わらずの高さですが、これでやっと5得点目です。

サラーが9得点、マネが7得点ですし、昨シーズンは25ゴール14アシストで得点関与が多かったので、もっと増やしていければシティに対抗できるチャンスはまだあるように思います。

ワトフォードは3戦未勝利となり、勢いがなくなってきました。

前半にペレイラが決定機を決めなければ、リバプールのようなチームからポイントを奪うのは難しいです。

ディーニーは他のフォワードとはタイプが異なるので、今後も活躍する場はあると思います。

今節はあまりにもファンダイクとロブレンが安定していたので、空中戦勝率が10%となりました。

ここで勝てれば他のチーム相手にはもっとチャンスが作れると思います。

今節は相手が悪すぎました。

 

今後の日程

ワトフォード

12/1   レスター(A)

12/4 マンチェスターシティ(H)

12/10 エバートン(A)

アウェイが多いこともありますが、それ以上に相手が悪い連戦です。

それでも今節のように粘り強く守れば、レスター、エバートンとはよい勝負ができそうです。

 

リバプール

11/28 PSG(A)

12/2 エバートン(H)

12/5 バーンリー(A)

PSGはネイマールもムバッペも出場予定です。

PSGに破れ、ナポリが勝利すると、

ナポリ9

PSG8

リバプール6

となり、最終節のナポリ戦で最低でも勝利が必須で、1点でも取られると厳しくなっていきます。

今節できればドローで終えて、次節ナポリに勝てば突破という単純な条件にしたいところ。

今シーズンの好調の裏で、ビッグマッチの次の試合では苦戦しています。

2試合ビッグマッチが続いた後のバーンリー戦は、コンディション面も含めて、非常に難しいと思います。