ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第25節 ウェストハムVSリバプール レビュー

ウェストハム1-1リバプール

22分 マネ

  (ミルナー)

28分 アントニオ

  (アンデルソン)

 

ウェストハム

f:id:fantasypremierleague:20190205145613p:plain


今後の日程

2/9   Aクリスタルパレス

2/22 Hフルアム

2/27 Aマンチェスターシティ

3/2   Hニューカッスル

3/9   Aカーディフ

 

リバプール

f:id:fantasypremierleague:20190205145641p:plain


今後の日程

2/9   Hボーンマス

2/19 Hバイエルンミュンヘン(CL)

2/24 Aマンチェスターユナイテッド

2/27 Hワトフォード

3/3   Aエバートン

 

メモ

後味の悪い試合となってしまいました。

先制点の場面でミルナーは完全にオフサイドでしたし、終了間際のオリジもオフサイドだと思われます。

ウェストハムが怒るのも無理はないのですが、その矛先をリバプールにしてしまうのは間違っています。

VARの導入が急務のように思います。

試合はポゼッションに差はあれど、互角と言って差し支えない内容でした。

ウェストハムはセットプレーをかなり準備してきていました。

シーズン開幕後から、リバプールのライン設定は高いことが話題でした。

個人的にはショートコーナーを多用したりするチームにも好感が持てます。

単純に放り込んでもなかなか得点には繋がりません。

今後もリバプール相手にあの広大なスペースを突くチームは出てくると思います。

サラー、フィルミーノ、マネを比較すると、直近の数試合では枠内シュートもエリア内シュートもマネが最も打っています。

現在サラーとは£4.1の差があるので、圧倒的なコスパの良さです。

CL以外のカップ戦は敗退済みなので、怪我以外での欠場は考えにくいのもプラス要素です。

今後も変わらずリバプールとシティを軸にメンバー選考をすることに変わりはありません。