ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第27節 アーセナルVSサウサンプトン レビュー

アーセナル2-0サウサンプトン

  6分 ラカゼット

  (ムヒタリアン)

17分 ムヒタリアン

 

アーセナル

f:id:fantasypremierleague:20190225133953p:plain
今後の日程

2/27 Hボーンマス

3/2   Aトッテナム

3/7   Aレンヌ(EL)

3/10 Hマンチェスターユナイテッド

3/14 Hレンヌ(EL)

 

サウサンプトン

f:id:fantasypremierleague:20190225135045p:plain
今後の日程

2/27 Hフルアム

3/2   Aマンチェスターユナイテッド

3/9   Hトッテナム

3/30 Aブライトン

4/5   Hリバプール

 

メモ

アーセナルが逃げ切りに成功し、トップ4入りへ前進しました。

オーバメヤンがベンチスタートとなり、ショックを受けた方は多かったと思います。

私もその一人です。

次節が中2日なので賢明な判断と言えます。

相手の隙をつき序盤に2点リードを奪えた事で後半はかなり力を抜くことができました。

決定機逸もありましたが、ラカゼットは直近5試合で4得点と好調です。

特別試合数が多いわけではありませんが、ELを戦うと日程がきついので、故障者も含めて注意が必要です。

サウサンプトンはセルフジャッジとミスから序盤に2失点し、スコアでは完敗です。

決定機は何度か作れていましたが、トップスコアラーのイングスを欠いての戦いは厳しいです。

何故かスティーブンスの方が序列が高く、吉田には出番がありません。

7シーズン目となりますが、来夏までの契約なので、このまま使われないのであれば今夏移籍の可能性は十分ありそうです。

イングスの早期復帰が望まれます。