ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第27節 マンチェスターユナイテッドVSリバプール レビュー

マンチェスターユナイテッド0-0リバプール

 

マンチェスターユナイテッド

f:id:fantasypremierleague:20190225141344p:plain
今後の日程

2/27 Aクリスタルパレス

3/2   Hサウサンプトン

3/6   A PSG(CL)

3/10 Aアーセナル

3/16 Aウォルバーハンプトン(FAカップ)

 

リバプール

f:id:fantasypremierleague:20190225141625p:plain
今後の日程

2/27 Hワトフォード

3/3   Aエバートン

3/10 Hバーンリー

3/13 Aバイエルンミュンヘン(CL)

3/17 Aフルアム

 

メモ

負傷者続出となったこの試合はスコアレスドローで終わりました。

負傷者の数も多く、そして重要な役割の選手だったため、両者攻め手を欠き、決定的なシーンもほとんどありませんでした。

ユナイテッドはマティッチ、マルシャルを欠く中、マタ、エレーラ、リンガードが負傷交代しました。

これで3枚使っていたため、かなり違和感を感じていたであろうラッシュフォードをフルで使わざるを得ない状況となりました。

リンガードに関しては今節出場できると思っていなかったので、ベンチ入りにもびっくりしました。

マタに代わって入った時点であと65分残っていたので、かなりリスキーだったように思います。

怪我はどうしても起こってしまうのですが、回避のためにベストを尽くしていたのかは疑問です。

リバプールはバイエルン戦に続き無得点となりました。

フィルミーノの存在の大きさを感じました。

ユナイテッドのディフェンスが奮闘していたということもありますが、攻撃陣が何も出来なかったことがスタッツに表れています。

シティとは勝ち点差1ポイント。

いよいよ取りこぼせない時期になってきており、相手がシティとあらば嫌な記憶がよみがえります。