ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第28節 結果

f:id:fantasypremierleague:20190301004819p:plain

f:id:fantasypremierleague:20190301004908p:plain

 

感想

キャプテンの選出には成功しました。

今節は恐らくサラー、アグエロ、オーバメヤンの三つ巴で、サラーを選んだ人は不運としか言い様がありません。

サラーが得点関与なく5得点というのは驚きです。

今節投入したニューカッスル勢が奮いませんでしたが、長期的な視点で見ればプラスになると思っています。

実際にカマラサはベンチ外、ラッシュフォードも13分の出場で得点関与なしとなりました。

それほど悪いスコアではありませんが、アリソン、ファンダイク、エデルソン、アロンソにクリーンシートが付き、マネ、アグエロが得点したので、平均値が高くなりました。

特に上位の方はこれらの選手を複数入れているかと思うので、70ポイント前後の高得点を達成した方も多いのではないでしょうか。

31節から試合数が複雑になってきますので、まだ残している方はチップを使う計画を立てておきましょう。

 

おすすめ選手

GK

アリソン(リバプール)

3戦連続クリーンシート達成中。

毎節試合あり。

 

DF

ダビドルイス(チェルシー)

毎節試合あり。

どこかでホームのブライトン戦も追加。

12回のクリーンシート達成。

 

MF

ムヒタリアン(アーセナル)

直近3試合連続スタメンで2ゴール3アシスト。

トッテナム、ユナイテッドと続いて31節は試合がないが、今の調子とチーム状況であれば十分期待できる。

何よりコストが低い。

 

FW

ヴァーディ(レスター)

毎節試合あり。

エリア内でのシュート数が増加しており、調子が良い。

マディソン、バーンズ、グレイと好調なアタッカーが複数いて、得点関与が期待できる。

36節までトップ6との対戦はなく、何より監督交代はヴァーディーにとっては恐らくプラス。