ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第33節 レビュー

f:id:fantasypremierleague:20190409132414p:plain

f:id:fantasypremierleague:20190409132516p:plain

 

感想

今節もキャプテンの選出に成功しました。

今節はアザール、ヴァーディ、サラー、マネの4択だったかと思います。

土曜日にヴァーディが高得点を出してやや後悔していましたが、アザールが見事にポイントを稼いでくれました。

ゴールとアシスト合わせて30点を超えそうです。

懸念は過密日程で、ELは是が非でも優勝してCL権を獲得したいはずです。

ホームほど安定感のないアウェイは、アンフィールド、オールドトラフォード、キングパワーを残しています。

アザール以外のチェルシーの選手の期待値は低そうです。

前節同様、今節も守備陣のポイントが目立ちました。

守備陣4人で27ポイントは嬉しいです。

大量得点よりも3ポイントを意識した戦いが多いので、終盤戦は守備陣の選考も大切です。

34節も金曜開催があり、ブライトンとカーディフは2試合あります。

モチベーションにかなりの差が出ているので、そのあたりのチーム状況も加味すると良いと思います。

23388位まで戻しました。

現実的には4桁順位が目標です。

上位は似通った選手・キャプテン選択が多いので、ミスせずに食らいついていきたいです。

 

おすすめ選手

GK

エデルソン(マンチェスターシティ)

直近10試合で僅か4失点。

クリーンシートも16回と、2試合に1試合の割合で無失点です。

得点数は落ち着いてきていますが、守備は非常に安定しており、トッテナム、ユナイテッドと言えど得点するのは難しいです。

リバプールが4試合連続で失点中なので、不安定さを見せるアリソンよりもエデルソンの方がおすすめです。

 

DF

ドハーティ(ウォルバーハンプトン)

ディフェンダーは迷いましたが、ドハーティをおすすめします。

 

ここのところ得点関与がありませんでしたが、FAカップのセミファイナルで1ゴール1アシストと活躍しました。

現在暫定8位のウォルバーハンプトンは、EL出場権の可能性がある7位を十分に狙えます。

残り試合数も多く、単純に相手がどこでもポイントを取れる強さがあります。

スタメンから外れることもありますが、それでも期待できる選手です。

 

MF

シグルドソン(エバートン)

レスターが好調ですが、流石に最後3戦が強烈なので、マディソン、ティーレマンスはやや慎重になってしまいます。

スタッツが良ければ、残り試合数の多いデウロフェウ、ドゥクレ、ジョッタあたりがおすすめですが、それほど高くありません。

シグルドソンは直近の3試合でシュートもパスもスタッツが高く、ヴァーディと同じくトップ6を苦にせず結果を出します。

リシャルリソン、ルーインも好調で、アシスト能力の高いシグルドソンは期待できます。

次節は失点と連敗が止まらないフルアム戦というのも良いです。

 

FW

ケイン(トッテナム)

シュート関連のスタッツを見ると、得点にかなり期待できます。

エリクセンが好調な点もプラスです。

6試合残っていますし、その内4戦が新スタジアムのホーム。

また、直近3シーズンでは終盤の5節で合計17得点を荒稼ぎしています。

シーズン終盤に最も期待できるストライカーです。