ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第36節 レビュー

f:id:fantasypremierleague:20190429141137p:plain

f:id:fantasypremierleague:20190429141232p:plain

 

感想

今節はキャプテンの選出に失敗しました。

上位を出し抜いて順位を一気に上げるには、上位が選ぶ選手以外で高得点を取る必要があります。

そこで選んだのがフィルミーノだったのですが、スタメンどころかベンチ外となりました。

結果的に副キャプテンにしておいたサラーが活躍し、最悪の事態は避けられました。

今節は予想通りの結果が多く、アベレージが69という非常にハイスコアなゲームウィークとなりました。

シティとリバプールのクリーンシート。

リバプールの大量得点。

選手層の薄いトッテナムとアーセナルの苦戦。

このあたりは皆さんの思惑通りとなったと思います。

キャプテンはサラーでなくとも、マネかアグエロで十分な加点が出来たかと思います。

それでもシーズンを通して見てみると、今節サラーでトリプルキャプテンを使った方は大正解と言えます。

状況的にも大量得点の可能性が高く、ここまで我慢して使わなかった方々の大勝利です。

今節はベンチメンバーでのポイントが今シーズン最多となりました。

それでも順位を上げることができました。

次節に向けてのトランスファーはまだ決めていませんが、チーム状況を考えるとエリクセンを外す可能性は高いです。

シティとリバプールの選手はマックスの3人ずつ入れているので悩ましいです。

残り2節でなるべく順位を上げていきたいです。

現在1000位が2352ポイント。(123ポイント差)

3000位が2318ポイント。(89ポイント差)

5000位が2300ポイント。(71ポイント差)

10000位が2274ポイント。(45ポイント差)

45ポイント差を詰めることが出来れば4桁順位ですが、至難の業です。