ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

18/19 プレミアリーグ トップ4争い プレビュー トッテナムVSチェルシーVSアーセナルVSマンチェスターユナイテッド

トッテナム

現在 70ポイント

あと1勝でトップ4確定。

ケイン、ウィンクス、シソコと怪我人続出で満身創痍の中、低調な試合が続き絶体絶命だったが、他の3チームが直近3戦未勝利で大本命に。

怪我人や出場停止でヤンセンを出場させるほど選択肢は少ない。

シソコの復帰時期は大きなポイント。

CLは運動量のあるアヤックス相手に手を焼く可能性が高い。

現実的には2分でもCL濃厚で、他チームの取りこぼしにも期待したい。 

シーズン通しての結果なので、最終的に上の順位であれば自力と胸を張れる。

 

チェルシー

現在 68ポイント

ワトフォード、レスターと嫌な相手を残しての終盤戦。

ワトフォード戦はアウェイでのフランクフルト戦から中2日とかなり厳しい日程。

実際にELアウェイの直後の試合は1勝2分3敗。(2得点7失点)

レスター戦もセカンドレグから中2日。

ファーストレグでアウェイゴールを複数とって勝ち上がりを濃厚にさせたいところ。

怪我人が特別多くないのにも関わらず、これほど選択肢が少ないのは選手層が薄いと言える。

アザールに依存するしかない。

 

アーセナル

現在 66ポイント

直近5戦で4敗と大ブレーキ。

下位なので本来は連勝すべき相手だが、特に高さのあるバーンリー戦は計算が出来ない。

トッテナムもチェルシーもポイントを取りこぼす可能性が十分あり、トップ4を捨てる差ではなく、EL優勝も難しいので、基本的にはプレミアでの戦いが最優先のはず。

とは言うものの、3連続3失点3連敗。

現状は1番状況悪いと言える。

 

マンチェスターユナイテッド

現在 65ポイント

最下位で連敗が止まらないハダースフィールド、降格濃厚のカーディフ。

CLも敗退済み。

負傷者の影響も少ない。

状況は圧倒的有利だが、最大勝ち点が71ポイント。

そして得失点差で3チームに大きく離されている。

9試合連続失点中の守備はあてにならないので、二桁得点が4人の攻撃力で押し切って望みを繋ぎたい。