ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

第37節 レビュー

f:id:fantasypremierleague:20190507141715p:plain

 f:id:fantasypremierleague:20190507141934p:plain

 

感想

今節はキャプテンの選出に失敗しました。

リバプールが苦戦すると予想していましたが、同じ苦戦でもシティはロースコアとなりポイントを稼げませんでした。

逆に守備陣ではポイントを稼ぐことが出来ました。

それはリバプール守備陣を選択した方にも同じことが言えるので、大きな加点とは言えませんが。

トランスファーも失敗しました。

ウェストハムの得点が大いに期待できたので、好調のアントニオを入れましたが、3得点全てに関与できずに失敗となりました。

それでも期待薄だったエリクセンは替えるべきで、MFで期待できた選手で実際に結果を出した選手はいません。

タウンゼントはザハほど一貫性がなく、アザールもコストが高い割に得点関与にそれほど期待できませんでした。

相手どうこうではなく調子の悪さから、トッテナム、アーセナル、マンUの選手を入れなかったことも相対的には成功と言えます。

残り1節となりました。

降格チームが全て確定し、トップ4争いもほぼ決しました。

残るは優勝争いです。

シーズンを通してここまでのパフォーマンスを見せた2チーム。

どちらかが優勝できないのは残念です。

まずはCL、ELの準決勝を見てからトランスファーを考えます。

特にサラーとフィルミーノに関しては十分に情報を集めたいと思います。

最終節はハイスコアな打ち合いが多い気がするので、守備陣よりも得点関与が期待できる選手を選びたいです。

少しでも順位を上げられるよう頑張ります。