ファンタジープレミアリーグ 世界一を目指すブログ Fantasy Premier League

ファンタジープレミアリーグで世界一を目指します。各試合のスタッツを見て、期待値の高い選手を選びます。全試合、試合の前後にプレビューとレビューを投稿しますので、是非参考にしてください。

18/19 2位 リバプール

成績

30勝7分1敗 89得点22失点

ホーム 17勝2分 55得点10失点

アウェイ 13勝5分1敗 34得点12失点

クリーンシート 21試合

得点ランキング サラー(22)マネ(22)フィルミーノ(12)

アシストランキング アーノルド(12)ロバートソン(11)サラー(8)

 

GK

アリソンがGKでトップの176ポイント獲得。

今シーズンは£5.5でしたが、来シーズンは上がってしまいそうです。

また、フィールドプレーヤーに良い選手が多いのでアリソンを入れるかどうかは悩ましいです。

恐らくここ数シーズンだと22失点は最少失点。

 

DF

失点の少なさもさることながら、得点関与の高さを見せつけた守備陣。

アーノルドロバートソンは2桁アシスト、ファンダイクは4ゴール2アシスト。

また、イエローカードを貰わないところも素晴らしいです。

トップ3独占の3選手。

トータルコスト£17.0で606ポイント獲得。

サラーマネフィルミーノは£32.0で650ポイント。

アリソンも含めて、守備陣がいかにコスパが良かったのかが分かります。

カップ戦の両方で初戦敗退し、プレミアとCLに注力できたシーズンだったので、特にロバートソンの控えは補強したいところです。

 

MF

サラーは昨シーズンに比べれば落ちましたが、今シーズンも最多ポイント獲得となりました。

今シーズンはマネが大爆発で、見事に得点王に輝きました。

キャリアハイの231ポイント獲得。

同程度ポイント獲得のアザール(チェルシー)、スターリング(マンチェスターシティ)よりも低コストで今シーズンのマスト選手となりました。

サラーマネを差し置いて選出できる選手はいないのが現状です。

来シーズンのチェンバレンは楽しみではありますが。

 

FW

フィルミーノは今シーズンも素晴らしい活躍でした。

サラーマネとは役割が異なるので、得点関与は少なめです。

また、運動量が求められる役割を担っているので、出場時間も少なめになります。

それでもこれほど安定してポイントを獲得できます。

スタリッジは今夏契約切れ、オリジは残り1年。

来シーズン再びタイトルを争うために、フィルミーノのバックアッパーの補強は必要かもしれません。